BMWユーザーブログ

BMWオーナー向けニュースブログ


マツダ:新型ロードスターRFに試乗!初心者向けの評価とポイント。

   

簡単!!中古BMW購入前故障チェックリスト
  1. 4本のタイヤが新品、もしくは同じタイヤメーカーか(気にしない人が多いけど、BMWのランフラットタイヤは1本あたりお金がかかります。)(高額)記事リンク
  2. エアコンのON・OFF時にカチカチorカラカラ異音がしないか(高額)
  3. リモコンでドアの開閉ができるか。
  4. フロントガラスや窓に水垢・油膜は残っていないか(晴れた日だとわかりづらい)
  5. 冷却水(丸いタンク)は適量が入っているか
  6. ワイパーの水切れは良いか
  7. リコール対象車の場合、修理は行われたか。(個人輸入の場合不適合車になります)
  8. BMWを販売するスタッフは専門の知識を備えているか

沖縄のマツダに行ってきました。展示車を実際に見てみたかったのですが、あれよあれよと試乗し、お見積もりまで・・・。BMW116との比較になりますが、ブログを書いていると色々とポイントがわかってくるので、今回は筆者が沖縄でロードスターRFに試乗した結果をご報告したいと思います。

今回の試乗は30分程度の、那覇の泊大橋から空港へ行く海中道路、空港グルっと回ってくるコースでした。17時ぐらいだったんですが、低速での走りから、中高速まで堪能できました。

高速よりも低速での走りが気になっていたの、那覇での試乗がオススメかもしれません。

マツダ:新型ロードスターRFに試乗!初心者向けの評価とポイント

紙上だけでマツダロードスターRFの判断していましたが、試乗した際に感じた大きなポイントから。

・実際に見た目もカッコいい
・ロードスターRFじゃなくソフトトップのロードスターもカッコいい!
・人気色は白じゃなく、レッドとマシーングレープレミアムメタリックが人気だし、実際展示車を見た時の迫力はすごい
・試乗した時に、すれ違う対向車からの注目はスゴイ

RFの乗り心地

★★★☆☆

マツダで試乗する際に、ドライバーが乗る姿勢までレクチャーしてくれます。筆者は身長が175cmオーバーなんですが、足元の空間はゆとりを感じるほどでした。

全体的な乗り心地としては、走り屋さん向けしょう。一般の方がロードスターに乗った時に心地よいとは思わないかもしれません。しかし、左側にあるサイドブレーキの位置や、シフトレバーの位置はフィット感がありました。

ポイント:運転席も大切ですが、助手席にも乗って見てほしい

パドルシフトを体験せよ

★★★☆☆

ロードスターRFでパドルシフトについて気になっていたのですが、ロードスターのMTタイプにはパドルはついていないようです。パドルシフトはAT車だけ。そしてロードスターRFはATしかないので、実際にパドルシフトを体験。狭いコクピットなので、手元でいろいろな操作ができるのは、良い体験だと思いました。

が。。。パドルシフトを体験して思ったことは、ATよりも MTの方がロードスターは楽しいだろうな。です。星3つの評価ですが、より面白い車に乗ってみたいという気持ちにさせられました。そういう意味では、五つ星です!

試乗ポイント:パドルシフトをしたい!と、ディーラーに頼まないと触らせてくれないかも。ぜひ体験してください

ハードトップの開閉

★★★★★

時速10km(徐行程度)なら屋根の開閉が可能。実際に走っている時に開閉をしましたが、周りからの注目がすごい!メンテナンスなども気になるところですが、初見としては、ロードスターRFのハードトップは素晴らかったです。

60kmで走っていても、邪魔にならない

ハードトップを開けた状態で60km周辺で走っていても、車内への風が気になることはありませんでした。一般の車で窓を開けて走っている時よりも風が気にならないかもしれません。あくまでも個人的な感覚です。

試乗ポイント:試乗する際は、風の出入りをチェックしてください。

低速でのシフトチェンジももたつかない

★★★★★

RFは2,000ccでロードスターは1,500cc。今回試乗したロードスターRF(ハードトップ)は、2,000ccだったので、低速でも余裕を感じました。

筆者が所有しているBMW116iは1500ccなんですが、低速でのシフトチェンジで少々違和感を感じます。排気量の関係もありますが、2,000ccは低速で走ってもギアチェンジは煩わしさを感じさせません。

試乗ポイント:意識して低速で走ってみてください

高速回転も余裕

★★★★★

那覇での試乗コースなので、スピードはだせませんが、60km程度までは本当にスムーズな感じです。これが日本車の良さ!なのか、ロードスターの良さなのかは、BMWとの比較になるのでわかりませんが、スムーズなシフトチェンジは乗り心地の良さにつながりますね。

 

ディーゼル車がない

★★★☆☆

この手の車はディーゼル車で馬力を感じる走りをしたい!って人が多いと思いますが、ディーゼル車はございません。

 

ロードスターの燃費

実際にロードスターの前のモデルに乗っているスタッフの話だと、街乗りでも燃費はリッター15kmはあるそうです。限りなく軽量化を意識しているロードスターなので、主要諸元に記載している燃費にかなり近い数値がでていますね。

 

ATかMTか

見た目で選ぶか、見た目と乗り方で選ぶか。

ロードスターRFだとATしかありませんが、MTだとソフトトップ(ホロ)のタイプしかありません。筆者個人的には、ルーフを全開にして走るのって最初だけだと思っています。なので、

確かにRFはカッコいいんですが、車を楽しむ!という意味ではMT車に軍配。本当に厳しい分岐点ですが、RFでMTがあればいうことなかったんですが・・・。

 

試乗まとめ

以上、簡単な試乗と評価ポイントになります。BMWの記事を書き出して、さすがにいろいろとわかってきたので、今度はBMW Z4、もしくは販売した瞬間にZ5の試乗をしたいと思います。そこでさらにロードスターRFの良さや比較ポイントがわかってくるかなと思います。

そして、買う前に絶対に試乗してください。1度試乗したあとに、いろいろイメージできると思います。

 

 


知ってましたか?リコールってしっかり発信することが大切なです。泣き寝入りはしたくない!
皆の情報が必要!!!国土交通省に事故やトラブルを報告することでリコールにつながることも


 - マツダロードスター