BMWユーザーブログ

BMWオーナー向けニュースブログ


BMW転ばないバイク発表!ブルマもびっくりコンセプトムービーが映画すぎる

   

簡単!!中古BMW購入前故障チェックリスト
  1. 4本のタイヤが新品、もしくは同じタイヤメーカーか(気にしない人が多いけど、BMWのランフラットタイヤは1本あたりお金がかかります。)(高額)記事リンク
  2. エアコンのON・OFF時にカチカチorカラカラ異音がしないか(高額)
  3. リモコンでドアの開閉ができるか。
  4. フロントガラスや窓に水垢・油膜は残っていないか(晴れた日だとわかりづらい)
  5. 冷却水(丸いタンク)は適量が入っているか
  6. ワイパーの水切れは良いか
  7. リコール対象車の場合、修理は行われたか。(個人輸入の場合不適合車になります)
  8. BMWを販売するスタッフは専門の知識を備えているか

Facebookでもリアルタイムで発表会の様子を放送していましたが、改めてそのすごさを認識してしまいます。転ばないバイク、ヘルメットがいらないバイク。このセリフだけでいろいろと意見はでてくるとは思いますが、まずは転ばないBMWのバイクをご紹介したいと思います。

BMWマニア度:★★★☆☆

BMW転ばないバイク発表!ブルマもびっくりコンセプトムービーが映画すぎる

今後の100年をにらんだ発表会。実用化になるにはまだまだ期間が必要になりますね。まずは発表会で放送されたBMWの転ばないバイクのショートムービーをごらんください。

 

R32の三角フレームがモデルになっている

BMW r32

1923年に生産が開始されたBMWブランドとしての初のモーターサイクルが、『R32』。記念すべきファーストモデルは圧縮比が5.0:1、マグネトー点火、手動での変速など、現代のモデルとはかけ離れた仕様となっていますが、核となる部分は『R32』で、すでに確立されていました。

転ばないシリーズは増えている:ホーバーボードも転ばない

最近話題のホバーボードやセグウェイなど、転ばない2輪車は増えています。すでに1輪車も転ばない時代になってきているので、転ばないバイクはアリかもしれません。転びそうなバイクですが、1輪車仕様の動画です。

レクサスにいたっては車輪がないホバーボードのショートムビーを発表しています。転ばない、タイヤがない、最後はどうなるのか!AIの技術革新によってさらに面白い展開が待っています。

 

ドラゴンボールは進んでいる

ドラゴンボールのカプレセルコーポレーションでは20年も前から設計していました!

ドラゴンボール 転ばない バイク

BMWの転ばないバイクの発売が待ち遠しいですね!燃費や価格も気になりますが、日本のバイクメーカーも負けじと実用可能なコンセプトカーで世界と戦って欲しいなって思います。


知ってましたか?リコールってしっかり発信することが大切なです。泣き寝入りはしたくない!
皆の情報が必要!!!国土交通省に事故やトラブルを報告することでリコールにつながることも


 - BMWブログ