BMWユーザーブログ

BMWオーナー向けニュースブログ


【ボヨンボヨン!?】BMW承認タイヤ→激安ラジアルタイヤジーテックスに変更→2年後

      2019/09/03

簡単!!中古BMW購入前故障チェックリスト
  1. 4本のタイヤが新品、もしくは同じタイヤメーカーか(気にしない人が多いけど、BMWのランフラットタイヤは1本あたりお金がかかります。)(高額)記事リンク
  2. エアコンのON・OFF時にカチカチorカラカラ異音がしないか(高額)
  3. リモコンでドアの開閉ができるか。
  4. フロントガラスや窓に水垢・油膜は残っていないか(晴れた日だとわかりづらい)
  5. 冷却水(丸いタンク)は適量が入っているか
  6. ワイパーの水切れは良いか
  7. リコール対象車の場合、修理は行われたか。(個人輸入の場合不適合車になります)
  8. BMWを販売するスタッフは専門の知識を備えているか

外車車検日記:2017年10月が2度目の車検です。

できる限り自分でやろうとこのブログでも意気込みを紹介しました。

筆者は沖縄に住んでいるので、九州や本土、北海道とは環境が違いますが、今後BMWを購入しようとしている若者たちへ経験を紹介しておこうと思います。

今回のテーマは、ボヨンボヨンですが、決していやらしい意味ではありませんのでご注意を・・・。

では、本題へ移りたいと思います。

※記事下部には、交換してから2年後の状況を紹介しています。

【ボヨンボヨン!?】BMW承認タイヤ→激安ラジアルタイヤジーテックスに変更

早速ですがタイヤを購入するならAUTO WAYということで、AUTO WAYか楽天AUTO WAY特設サイトからタイヤを選択。

どうせなら一番激安タイヤを選び、最低限の状況を紹介しておこうと思いました。

そこで筆者が選んだタイヤは!

ランフラットタイヤは卒業、ラジアルタイヤへ

もちろんランフラットタイヤは買いません。いろいろなブログやらまとめサイトでも買いているように、ランフラットタイヤの必要性があるかどうかという判断になりますが、筆者は沖縄在住で、何かあっても対して問題ないんです。ランフラトットの場合、パンクしてからも100km程度は走るそうですが、いろいろな意味で経済的ではないと考えました。

AUTO WAYでラジアルタイヤ検索

そこで一般的なタイヤのラジアルタイヤをAUTO WAYで購入。そこで買わないとどこで買うんだってぐらいネットで検索しました、やっぱりAUTO WAYでした。

外車はほとんどがランフラットタイヤですが、日本ではラジアルに変更するオーナーさんが多いらしいです。

購入したタイヤはジーテックス

ラジアルタイヤの詳細

[商品] ZEETEX ZT1000 205/55R16 91V
[単価] 3,970円
[数量] 4

[合計] 15,880(円)

※これに送料がつきます。

ランフラットタイヤなら1本20,000円します・・・。

って考えると、ランフラットタイヤ1本で激安ラジアルタイヤ4本買えました。ランフラットタイヤの場合、合計で80,000円!!

ここがポイント

外車ディーラーやBMW直営店であればランフラットタイヤの履き替えはできますが、一般的なタイヤショップだと、ランフラットタイヤの交換は不可能な場合が多いです。

ランフラットタイヤからラジアルタイヤへの交換費用

沖縄の場合になりますが、ラジアルタイヤへ変更した場合、13,000円(税別)になりました。

というわけで小計を・・・

15,880円+13,000円 = 28,880円

ランフラットタイヤでも3万円程度になるタイヤもあるので、1本〜2本分の費用で購入→交換までできてしまいました。

ここがポイント

タイヤ交換ショップのスタッフさんに聞いたところ、最近はジーテックスタイヤの持ち込みが多いらしいです。

とりあえず安心・・・。

ジーテックスの乗り心地・感想

いろいろな情報サイトでもラジアルタイヤへ変更した感想が書いていましたが、筆者の乗り心地もほぼ同じです。

ボヨンボヨンです。

ランフラットタイヤが硬いというのもあるのですが、ジーテックスタイヤはボヨンボヨン。最初からジーテックスなら何も感じませんでしたが・・・。

ブリジストンタイヤは地面の噛みもよく、路面の状況を感じやすい反面、ジーテックスはタイヤのゴムが違うのか、ボヨンボヨンって感じに。

海外格安タイヤを買う前に

なので、一度ボヨンボヨンタイヤの外車に乗ってみてから、ラジアルタイヤへ変更した方がいいかもしれません。

ただ、ジーテックスタイヤは、日本では知名度も低く、あまり聞かないタイヤなので、他のラジアルタイヤで固めのタイヤならボヨンボヨンしないかもしれません。

また、沖縄は年中サマータイヤなんですが、寒い地域の場合、特に夏と冬でタイヤを使い分ける場合は、ラジアルタイヤで対応してもよろしいのではないかと思います。

BMWディーラー車検は?(タイヤのみの感想)

ディーラー車検だったんですが、とくに指摘されることもなく車検を通りました。

認定中古BMWを購入する場合のポイント

BMWディーラーでは当然ながらランフラットタイヤだけをすすめるはずです。

しかし前回の記事にも書いたように、前後のタイヤのブランドチェックと、製造日の確認をして、なるべく有利な状態で認定中古車を買う、もしくは買う相談をした方がいいと思います。

↓こちらの記事で紹介。

BMWタイヤ編:ただただショック。BMW認定中古車を買うときの注意

また、タイヤの磨耗に関しても、乗り方や乗っている地域によってタイヤがすり減りやすい箇所があるので、うまいことタイヤ点検と交換をすることで、余計な費用を使わないで済みます。が、その交換費用はかかります。

今回のタイヤ交換の場合、ランフラットからラジアルタイヤへの変更だったので、4本全部の交換だったんですが、今後は前2本や後ろ2本の変更で済みそうなので、費用は安くなるかなと思います。

沖縄の場合は冬で道が凍結したり、滑りやすくなるこもないので年中サマータイヤですが、スタッドレスを履かないといけない場合はまた費用が変わってくると思います。

できればBMW認定のスターマークのタイヤを履かせたいんですが、ラジアルタイヤでも認定タイヤ基準を作って欲しいなと思ってしまいます。

今のところバースト無しです。

次回はBMWの車検について感じたこと全体の話を記事にしたいと思います。

2年経過:ラジアルタイヤのジーテックスに履き替えた感想

と、2年前に履き替えた時の感想を紹介しました。

その後、数人にBMWに乗ってもらって感想を聞いたところ、BMWに乗ったことがない人は特に何も。

BMWオーナーさんに聞いたところ、特に何も感じないそうです。

まぁ、筆者の車が1シリーズなので、3とかXとか乗っているオーナーさんには感じ方が違うのかもしれません。

1は軽い?のかな。X1と5、Mに乗ったことがありますが、ブログを書くなんて思っていなかったので、あまり覚えていません。

多分、よほどBMWを毎日乗って、すみずみまでこよなく知り尽くしている人以外は、

ラジアル、しかも激安ラジアルタイヤでOK!?なのでは・・・!!!

が結論です。

タイヤの減りについても、気にするほど減っていないかと思います。

月間平均走行が500〜1000kmぐらいですが、多分今回はこのまま車検が通るかと思います。

BMWユーザー車検にしようか悩み中です・・・


知ってましたか?リコールってしっかり発信することが大切なです。泣き寝入りはしたくない!
皆の情報が必要!!!国土交通省に事故やトラブルを報告することでリコールにつながることも


 - BMWタイヤ交換 , ,