BMWユーザーブログ

BMWオーナー向けニュースブログ


BMW中古車がリコール対象の場合は?

      2016/10/30

簡単!!中古BMW購入前故障チェックリスト
  1. 4本のタイヤが新品、もしくは同じタイヤメーカーか(気にしない人が多いけど、BMWのランフラットタイヤは1本あたりお金がかかります。)(高額)記事リンク
  2. エアコンのON・OFF時にカチカチorカラカラ異音がしないか(高額)
  3. リモコンでドアの開閉ができるか。
  4. フロントガラスや窓に水垢・油膜は残っていないか(晴れた日だとわかりづらい)
  5. 冷却水(丸いタンク)は適量が入っているか
  6. ワイパーの水切れは良いか
  7. リコール対象車の場合、修理は行われたか。(個人輸入の場合不適合車になります)
  8. BMWを販売するスタッフは専門の知識を備えているか

BMW 中古車 リコール

BMWのタカタ製エアバックのリコール車種を調べていると、どういうった条件の車種がリコールできるのか公式サイト書いていました。逆を言うと、BMWの中古車リコールにも条件があるようです。今BMWオーナーの方や、これからBMWの購入を考えている人は、リコール条件をしっかり確認してください。

BMWリコール対象車種2016の調べ方

BMW中古車がリコール対象の場合は?

リコール車に対してのBMWの対応は・・・一部抜粋してご紹介しています。詳細をご確認したい方は添付のURLよりBMW公式サイトをご確認ください。

BMWリコール対象車種2016の調べ方

国土交通省で詳細をチェック

BMWリコールについて。

自動車検査証の使用者へ案内を郵送

対象のお車をお持ちのお客様には、自動車検査証のご使用者様宛に、郵送にてリコール等のご案内をしております。

Webサイトでも案内

自動車検査証登録内容の変更および不備等によってご連絡できない場合がございますので、Webサイト上でもご案内をしております。

最終的な判断はディーラーにて

ご使用のお車が未だ適切な措置を受けられていない場合は、最寄の弊社正規ディーラーまでご連絡賜りますようお願い申し上げます。

そしてここからが本題です。

中古車に対しては?

なお、国土交通省に届け出られるリコール等の対象車両は、ビー・エム・ダブリュー株式会社が輸入、販売したものに限られますので予めご了承ください。

と、あります。日本のBMWから販売された車種であれば中古車もOK。個人輸入で購入したBMW、または個人輸入した人から購入した方は対象にならないかもしれません、窓口で確認してみます。

新車?中古車?今後のBMWを買う基準にもなりそうです。

BMWoを中古でも安く買いたい、お得に買いたい!や、最近では外国車の部品も以前に比べて比較的安く取り寄せたり購入ができます。だからこそ個人で輸入購入を考えている人が多いそうです。

実際筆者も個人輸入で車を買おうとした事があります。BMWのディーゼル車は憧れます!しかし、そのあとの保証や対応などを考えると・・・。

お高い買い物なので、新車でも中古でもやっぱり正規ディーラー派!なのか、今時車なんか壊れないよ!と、海外お取り寄せ派なのか、その辺も今後は勉強していきます!


知ってましたか?リコールってしっかり発信することが大切なです。泣き寝入りはしたくない!
皆の情報が必要!!!国土交通省に事故やトラブルを報告することでリコールにつながることも


 - リコール