BMWユーザーブログ

BMWオーナー向けニュースブログ


SAC最新モデルBMW X2!!2018年夏発売。スペック、動画、価格チェック!!

      2018/03/11

簡単!!中古BMW購入前故障チェックリスト
  1. 4本のタイヤが新品、もしくは同じタイヤメーカーか(気にしない人が多いけど、BMWのランフラットタイヤは1本あたりお金がかかります。)(高額)記事リンク
  2. エアコンのON・OFF時にカチカチorカラカラ異音がしないか(高額)
  3. リモコンでドアの開閉ができるか。
  4. フロントガラスや窓に水垢・油膜は残っていないか(晴れた日だとわかりづらい)
  5. 冷却水(丸いタンク)は適量が入っているか
  6. ワイパーの水切れは良いか
  7. リコール対象車の場合、修理は行われたか。(個人輸入の場合不適合車になります)
  8. BMWを販売するスタッフは専門の知識を備えているか

X2の価格:444万円(£30,040)!!!BMWのX4の新車が750万円、X6に関しては新車で1000万円。SAC(クーペタイプのSUVと思えばわかりやすい?)を欲しい日本の男性は多くいるだろうし、BMWのディーラーに聞いても販売台数は年々伸びていると言っているぐらい、本当に今BMWは売れています。

だからこそ待望のX2!!!

そしてX2の価格は444万円(ユーロ圏での価格)本当にこの価格ならぶっとびの安さです。

さて、最近BMWの新型について全然レポートできていませんでしたので、BMWの情報発信者としての新型BMW X2 SACのどんなところが良いのか、筆者目線でご紹介させていただきます。

筆者も車に詳しいわけではないので、初心者目線でご紹介しています。興味のある人はBMW公式サイトも確認してみて欲しいんですが、サイトが重い・・・。

SAC最新モデルBMW X2!!2018年夏発売。スペック、動画、価格チェック!!

まずは意味がわからなくても良いので、英語のBMW X2の紹介動画をご覧ください。

BMW X2最新動画。ペケツーとは呼ばないで!!

このBMW X2の動画をみてもわかるように、これは革新です。

Youtubeの機能で字幕機能があります。英語か日本語でも一度確認してください。この動画を何度もみて、BMW X2の詳細を自分なりに語れるようになってください。

初となる<BMW新型 X2>はX4・X6のダウンサイズじゃない!画像比較

Xシリーズは、X5を皮切りに、X3、X1と、サイズダウンを販売してきました。そして間を埋めるように、5の上、3の上で偶数シリーズのSACを発売。

現在発売されているモデルは、

X1 X3 X4 X5 X6 X7

そして系統はX1・X3・X5が同型

X4とX6が同型になりまし。そしてBMWユーザーやファンはきっとBMW X2がX4とX6のミニマルサイズになるのでは?と思っていただろうし、筆者もその一人でした。

とくにBMWの初心者の方が同じ意見が多いはず。

実は・・・違うんです!!!!!動画をもう一度確認して欲しいんですが、

お尻が!!!

まずは、現行モデルのBMW X4のお尻を確認↓

これがBMW X4(X6)のお尻です。
画像はBMW公式サイトより引用

では、新型BMW X2は?

こちらはUK BMWの公式サイトのPDFより引用

スマホだとわかりづらいので、さらに比較します。

全然違います。

X2のエクステリア(外観)画像も確認

ちなみにX3の横画像で比較。

あーーはーーー、

どちらかというとXシリーズの基本型よりになっているのがわかります。さらに筆者的にもっとわかりやすく言うと、

BMW1シリーズのハッチバックをSUVに融合させた?って感じかなと。

と、思いましたけど、1シリーズではないですね・・・。

ウインドウサイズで比較すると?

Xシリーズ偶数に近い

テール(お尻)で比較すると?

Xシリーズの奇数に近い

BMW X2の外観まとめ

Xの偶数と奇数の合体モデル!?として考えてもいいのかも。

BMW X2のモデルパターンは?

さて、毎回これで皆さん悩みますよね。最近の会社はディーゼル車が日本でも人気。BMW118dもかなり評判の良い車種で、本当に日本の道、家族構成にマッチしている超現実的なBMWかと思います。そしてなんといっても後輪駆動22.2km/l。惚れ惚れします。

さて、X2はどうなのでしょうか?

X2 xDrive20d SEの主要諸元(スペック)の英語版でチェックしました。

・ディーゼルモデル!!!

ま、本国ヨーロッパでは当然でしょう。(今後どうなるかわかりませんが)

・xDriveのみ(と思ったらsDrive仕様発見、で別記事にさらにまとめます)

これもSACやSAVなら仕方ない話です。四輪駆動のxDriveが寒い国では役にたちます。また、道路状況が劣悪な場所も四輪駆動じゃないと・・・。

だからこそのX1のsDrive(2輪駆動)は日本では人気!さらにディーゼルなら最強。

が、現行はxDriveのみ。当然ですが、四駆のxDrive(BMWでは4WDとは言わないそうです)よりも二駆のsDriveの方が多少ですが安くなります。そして燃費もよくなります。

BMW X2モデルパターン

  • SE
  • Sport
  • M Sport
  • M Sport X

ぼちぼちのラインナップです。

ただ、英語からの資料抜粋なので、間違っていたらすいません!

BMW X2の価格帯についての注意

ブログ冒頭でもお伝えした通り、だいたい本国ヨーロッパでは444万円が本体価格と表記されています。日本にきたら高くなるんじゃないの?と思っている人もいると思うので、筆者からお知らせしておきます。

外車だからといって日本で高くなるとは限らない

これは、為替によっても変わってきますが、BMWの本体価格が大きく変わることはあまりありません。日本の方が安い場合もあります。

結果、444万円〜600万円の幅での販売になるかと思います。

2018新型BMW X2主要諸元

現在の簡単な主要諸元になります。↓

KEY INFORMATION.

OTR PRICE FROM LENGTH HEIGHT WIDTH GROSS WEIGHT TOWING WEIGHT (UNBRAKED) TOWING WEIGHT (BRAKED) BOOT CAPACITY ACCELERATION (0-62MPH) TOP SPEED
£30,040 4,360mm 1,526mm 2,098mm 2,080kg 750kg 1,800kg 470 litres 9.3 seconds 129mph

XシリーズはSUV SAV SAC、それにハイクラスクーペを購入する場合、車幅は絶対確認と、全長の確認をしないと駐車場に入らない問題や、屋内駐車場に入らない場合があるので、屋根付き駐車場や、月極め駐車場を借りる時は幅チェックを忘れずに!X5だと駐車場入らないってパターン多いみたいです。

BMW X2の個人的感想

とりあえず、BMW TOKYO BAYで試乗したいので、展示され次第東京へ行きます。それから乗り心地を初心者目線で皆さんに発信します。

ただ、今の状態だとX1の方が魅力的な気がします。

今後、Z4のニューモデルも待ち遠しいし、iシリーズもモデルが増えるはず!です。2018年はBMWから目が離せませんが、精密機械は故障がつきものです。

大きな買い物をする前に、燃費、年間費用、故障箇所など、ディーラーや詳しい中古車取り扱いショップと相談してみてください。

それではX2に関しては記事を増やして行きたいと思います!

※インチが大きいホイールをはかせているオーナーの皆様は、ホイールの洗車ってどうしているんでしょうか?やっぱり自分じゃやらないのかな。

筆者の体験談↓これは人気記事なので一読をオススメします。

故障?【BMWエンジン始動トラブル】あれ?かからない・・・

BMW Xのオーナー様のトラブル、故障を集めました↓

【永久保存】BMW X5定番の故障箇所・トラブル(e70・e53)


知ってましたか?リコールってしっかり発信することが大切なです。泣き寝入りはしたくない!
皆の情報が必要!!!国土交通省に事故やトラブルを報告することでリコールにつながることも


 - X2